AZ-Prolog Version 6は、この度、本格的な64ビット・マルチコアCPUに対応したバージョンを提供します。


SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
FAQ(よくある質問) 

カテゴリ FAQ 最新 FAQ
 AZ-Prolog全般
9 AZ-env.batをデスクトップにコピーする際の注意点について
 エラー
2 オートメーションサーバーをコンパイルするとリンクエラーになる。

« 1 (2) 3 »
Windows7 Home Premium で x64としてフルコンパイルする
手順です。

                    2010年9月10日現在

1. Microsoft Visual C++ 2010 Express のinstall
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express
のweb install から

2. Microsoft SDK 7.1 のinstall
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=6B6C21D2-2006-4AFA-9702-529FA782D63B&displaylang=en
のweb install

3. VC++のinstall directoryの Program Files(x86)\
Microsoft Visual Studio 10.0\VC\vcvarsall.batで
amd64オプションを指定すると vcvars64.bat バッチファイル
で環境が設定されるはずだが、これが見つからない。

install directoryのbinの下に vcvars32.batがあるので
これを書き換える。

6行目: 32bit No64bit --> 32bit 64bit
16行目から20行目までのSdkDirを設定するところを
@set WindowsSdkDir=
@set "WindowsSdkDir=C:\Program Files\Microsoft SDks
\Windows\v7.1"
@set "PATH=%WindowsSdkDir%bin\NETFX 4.0 Tools;%
WindowsSdkDir%bin\x64;%PATH%"
@set "INCLUDEはそのまま
@set "LIB=%WindowsSdkDir%lib\x64;%LIB%"

38行目:@if exist の後の部分を
set "PATH=%VCINSTALLDIR%BIN\amd64;%PATH" とします。

57行目:上記と同様に
set "LIB=%VCINSTALLDIR%LIB\amd64;%PATH%" とします。

62行目:上記と同様に
set "LIBPATH=%VCINSTALLDIR%LIB\amd64;%LIBPATH%" とします。

書き換えたファイル名をmy_vcvars64.batなどとし、通常のコマ
ンドプロンプトを起動し、my_vcvars64.batを実行します。

setなどで内容を確認します。
基本的にbin, lib, libpathのあとにx64,amd64と64bit環境
になっているかどうか確認ください。

以上ですので、ご確認ください。


|?-help.
no

となる場合の対処はマイクロソフトのURLに書いてありますので
ご対応ください。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=6ebcfad9-d3f5-4365-8070-334cd175d4bb


1) Microsoftのサイトから次の手順でCコンパイラ等をダウンロード・インストールします。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/
  ・ VisualC++ 2008 Express Edition の Webインストール
  ・ MSDN Express Library のダウンロード・インストール

2)コントロールパネル⇒システムの詳細設定⇒環境変数で bin,include,lib にパスを追加します。

【F:がシステムボリュームの場合の追加例】

include=F:\AZPROLOG.500\include
<追加> ;F:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\include

lib=F:\AZPROLOG.500\lib
<追加> ;F:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\lib;F:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Lib

Path=F:\Windows\system32;......
<追加> ;F:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\VC\bin;F:\Program Files\Microsoft Visual Studio 9.0\Common7\IDE


3)DOS窓を開きコンパイルします。
>azpc -p queen.pl /i /e queen

4)エラーがでなければ実行してみます。
>queen
| ?- q(8).


エラー ]
質問
automation/3 述語を使ってオートメーションサーバーを作った。
これをコンパイルしようとするとリンクエラー(未定義シンボル)が出る。
回答
azpc にオプション '/i' または '/curses' を指定してウィンドウアプリにしてください。
オートメーションサーバーは内部でメッセージループを構成するためウィンドウアプリでなければいけません。
したがってコンパイル時にこれらのオプションのどちらかが必須です。


エラー ]
質問:
winCallApi 述語等を使ってWindows APIを呼び出すプログラムを作った。
これをコンパイルしようとするとリンクエラー(未定義シンボル)が出る。
回答:
azpc にオプション '/i' または '/curses' を指定してウィンドウアプリにしてください。
AZ-PrologのWindows API呼び出しの仕組みはウィンドウアプリからでないとうまく働かないため、 コンパイル時にこれらのオプションのどちらかが必須です。


« 1 (2) 3 »
管理者ログインサイト利用条件SOFNEC ホームページ
ソフネック株式会社