AZ-Prolog Version 6は、この度、本格的な64ビット・マルチコアCPUに対応したバージョンを提供します。


SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

AZ-Prolog x64 でAccessなどのODBCを利用する
1) OfficeとともにリリースされているWindows7x64にはAccessx64のODBCが含まれています。
コントロールパネル->管理ツール->データソース(ODBC)->ドライバを開き、Microsoft Access Driver(*.mdb,*.accdb)があることを確認してください。

2) Accessドライバがない場合、次のURLから AccessDatabaseEngine_X64.exe をダウンロードして実行することでインストールします。

http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=C06B8369-60DD-4B64-A44B-84B371EDE16D&displaylang=ja

3) このドライバを使ってシステムDSNを作成します。
手順はAZ-PrologのHP [Windows版インストールと使い方] 【5:ODBCの設定】の32ビットODBCの設定を64ビットに読み替えてください。

4) AZ-PrologX64のインタプリタを再生成します。

4-1) AZ-Prologインストールディレクトリ\system\pl\odbc_prolog.plの256行目を[管理者権限のエディタ]で開き修正します。

<修正内容>
  該当行中の s_version(_,'Win32',_,_),を削除

<元のファイル>
<256行目> s_version(_,'Win32',_,_),!,A0 is A/256,A1 is A mod 256,

<書き換え後>
<256行目> !,A0 is A/256,A1 is A mod 256,

4-2) AZ-Prologインストールディレクトリ\system\make をディレクトリごと作業場所へコピーします。
4-3) 64ビット C++コンパイル環境コマンドシェルを開き、コピーしたディレクトリに移動します。
4-4) コンパイルバッチ azpc_sample2.bat を実行します。
4-5) 生成された prolog.exe prolog_c.exe prologcgi.exe を AZ-Prologインストールディレクトリ\binへコピーします。

5) ODBCのテストは AZ-PrologのHP [Windows版インストールと使い方] の【5:ODBCの設定】を参照し、prolog32.exe ではなく、
今生成した64ビット版Prologインタプリタ(prolog.exe) を立ち上げて確認してください。


管理者ログインサイト利用条件SOFNEC ホームページ
ソフネック株式会社