AZ-Prolog Version 6は、この度、本格的な64ビット・マルチコアCPUに対応したバージョンを提供します。


SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

Windows(vista,7)x64 でフルコンパイルする手順は? (2013.04版)
Microsoft のC++ ダウンロードページと内容は時々かわりますので、2013年4月現在のC++ インストールと環境設定方法を記載します。



1)「Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework4」をダウンロードし、インストールする。(Ver.は4.5であること)

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=8279


2)「Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop」をダウンロードし、インストールする。

http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn/downloads#d-express-windows-desktop

※この手順でもSDKがインストールできない場合

・「Visual C++ 2010 Redistributable」がインストールされているとNGとなるので先にアンインストールしておく。

・「.NET framework 4.5」がインストールされていないとエラーとなるので、先に「.NET framework 4.5」をインストールしておく。



3)SetEnv.Cmdの一部修正

なぜか、AZ-Prologのインストールなどで設定されたINCLUDEパス、LIBパスがクリアされる記述になっていますので、SetEnv.Cmdの一部を修正します。


C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.1\Bin\SetEnv.Cmd を[管理者権限のエディタ]で開き372行目と374行目をコメントアウトしセーブする。

注:管理者権限でメモ帳などのエディタを開くには、該当エディタをマウス右クリックでメニューを開き[管理者として実行(A)]を選びます


<元のファイル>

<372行目> SET LIB=

<373行目> SET LIBPATH=

<374行目> SET INCLUDE=


<書き換え後>

<372行目> :: SET LIB= <-- 372行目コメントアウト

<373行目> SET LIBPATH=

<374行目> :: SET INCLUDE= <-- 374行目コメントアウト


4)コンパイル環境コマンドシェルのショートカットをデスクトップにコピーする

[スタートメニュー]->[すべてのプログラム]->[Microsoft Windows SDK v7.1]->[Windows SDK 7.1 Command Prompt]

をマウス右クリックしてメニューを開き、[送る(N)]->[デスクトップ(ショートカットを作成)]を選択する。

5)以降、AZ-Prologコンパイラを利用するときはこのシェルを開いて作業を行います。

Cコンパイラのインストールがされていれば、Prologフルコンパイルにおいては、AZPCコマンドを使うだけで、

C言語を意識することはほとんどありませんので、ぜひインストールしてフルコンパイルをお試しください。




管理者ログインサイト利用条件SOFNEC ホームページ
ソフネック株式会社