AZ-Prolog Version 6は、この度、本格的な64ビット・マルチコアCPUに対応したバージョンを提供します。


AZ-Prolog Version 7

AZ-Prologとは

AZ-Prologは、ソフネック(株)が開発した“Prolog処理系”です。

AZ- Prologは1980年代に広く普及していたProlog-KABAのPrologソースコードをそのまま走らせることができ、かつ、フルコンパイルすることでスタンドアローンアプリケーションを生成することができる処理系として開発し、1989年8月に最初の版(OS/2,UNIX)の出荷を行いました。
初版のリリース以来、基本的なProlog言語仕様の上に、時代の要請に応じて実用的なアプリケーションを構築するために、多くの拡張述語・機能を追加して参りましたが、CPUおよびOSは16ビットから32ビットを経て64ビットの時代を迎えようとしている今、本格的な64ビット・マルチコアCPUに対応したVersion6を提供致します。

AZ-Prologによるアプリケーション開発

弊社は、1984年の会社設立以来、一貫してProlo言語によるアプリケーションの自社製品、受託開発に取り組んでおります。
企業さま向け故障診断・査定システムなどのエキスパートシステムの開発、大学及び研究機関さまのPrologによる研究成果のWeb化などの協力を行ってきました。 ご要望がございましたら、弊社営業部までお問い合わせください。

管理者ログインサイト利用条件SOFNEC ホームページ
ソフネック株式会社